白髪染めの色の選び方

白髪染めというと、「黒」「茶」というイメージがありますが、最近は白髪染めでもいろいろな色が増えてきました。しかし、思ったより明るくなってしまった。あまり染まらなかったなどのトラブルも多いです。失敗しないためにも、染料の特色を理解して選ぶようにしましょう。
○白髪の量によっても変わる。パッケージに記載されている色は染まりやすい髪を基準にしています。黒髪と白髪の割合によっても違ってきて、白髪が多いと明るめに染まる傾向になり、黒髪の方が多いと少し暗めに染まりやすいです。自分の白髪の割合を理解しておくとその基準で色を選びやすいです。
○髪質によっても変わる。硬くて太い人は染めりにくいので、暗めになる傾向があります。硬毛の人は、希望の色よりも明るめの色を選ぶと希望通りにいきやすいです。
まとめてみると、軟毛(細くて軟毛でパーマがかかりやすい人)や白髪が多い人は、明るいめの色にしたい場合は、希望どおりのパッケージの色で、暗めにしたい場合は、希望より1トーン明るめにするといいでしょう。硬毛(太くて硬く、色が濃い人)や白髪が少ない人は、逆に明るめの色にしたい場合は、1トーン明るめを選び、暗めの色にしたい場合は、希望通りのパッケージの色で色のトラブルを防ぎやすくなるでしょう。

Copyright(c) 手軽!経済的!自宅でゆっくり白髪染め!! All Rights Reserved.