白髪染めの種類

白髪染めには大きく分けて3つのタイプがあります。
「ヘアカラータイプ」髪のキューティクルを開きメラニン色素を分解して脱色し、染めるので効果が2〜3か月と続き長持ちするのがこのタイプのメリットです。その代りデメリットとして、髪や頭皮に負担が大きく、パサパサした髪になりやすく、枝毛を増やすこともありヘアトラブルの原因になりやすいです。
「ヘアマニキュアタイプ」染料を髪に吸着される白髪染めです。髪の内部まで浸透しないため、髪に刺激を与えることはなく、髪へのダメージは少ないですが、シャンプーするたびに少しずつ色が落ちやすいので、効果が3週間ほどしか持たないです。
「カラースプレータイプ」一時的に色を付ける方法です。そのため、簡単に色を染めることができますが、半日から一日しか持ちません。出かける前に一本気になった白髪を見つけたなどの時には、ステックで色付けをするタイプもありますので、簡単に白髪を隠すことができます。
「シャンプータイプ」毎日のシャンプーで徐々に白髪を染めていくタイプです。徐々に染まっていくので、実感がわかず、効果があらわれるのにも時間がかかります。ただ、ゆっくり仕上がるので伸び初めの髪にも効果があります。

Copyright(c) 手軽!経済的!自宅でゆっくり白髪染め!! All Rights Reserved.